車検の予約をするならば複数の店舗で|知って得する極秘情報

青い車

塗装を長持ちさせる

自家用車

カーコーティングにも、様々な種類があります。油脂系コーティングなどもあり、これは油を利用して水や汚れをはじく作用があります。油脂系コーティングとは簡単にいえばワックスです。ワックスは、水と油の化学反応を利用したものなので、カーコーティングが簡単にできるのが特徴です。施工は簡単なのですが、雨で流れる・劣化のスピードが他のものに比べて早いといった特徴もあります。ですが、他のものに比べて低下で購入できるのでコスト面は抑える事ができます。ワックスにも豊富な種類があるので、自分の使いやすいものを選ぶと良いでしょう。例えば、固形ワックスはロウなどの艶が出る成分を大量に使用しているので、他のワックスに比べて耐久性がありますが、塗りにくいといったデメリットもあります。半練りワックスは、固形のワックスに比べて耐久性は落ちますが、塗りやすいといったメリットがあります。この2つは、定期的な洗車をして塗りなおす事が必要なので、手間はかかりますがコストを抑える事ができます。
樹脂系コーティングは、高分子化学物を塗るのでイオン結合や分子結合を利用して密着させます。こちらも、低価で作業が簡単なので自宅でカーコーティングをする人には、人気の商品です。樹脂系は、雨では落ちにくいですが洗車をすると落ちていくので定期的に塗る事が必要です。また、ガラス系コーティングもあり、これはガラス繊維がコーティング剤の中に入っているので自然な艶が出ます。他のワックスに比べて、劣化が遅く、長持ちするので塗り直しの頻度は少ないです。このように、豊富な種類のカーコーティング剤があるので、お店に行った際にはお店の人と相談した方がいいでしょう。